革職人の手記

ハンパない艶感

2019.3.13

お客様の声 , イベント&ニュース , カスタムオーダー事例 , 革職人からのお知らせ

DOUBLEMOON星野です。

先日、オーダーの打ち合わせがありました。

今回は工房までお越しいただき打ち合わせ。

その際、「使ってるよ」とシステム手帳を見せていただきました。

そう、この方は、リピーターの方でDOUBLEMOON立ち上がり時から、何度もオーダーいただいている方。

見せていただいたシステム手帳は昨年末に納品したばかりなのでまだ3か月程度しかたっていません。

ちなみに納品した時はこんな感じ。

柿渋染とブライドルレザーのバイカラーです。

裏面は柿渋染の面積が多め

内側は、栃木レザー(青)を使っており、すっきり仕上げております。

また赤ステッチがアクセントになっています。

これが・・・

こんな感じ!!

裏面も!!

写真では少し見づらいですが、ブライドルレザーの部分がピカピカに艶が出ています!

柿渋染部分はまだ大きな変化はありませんが、ブライドルレザーはわずか3か月で大きく経年変化しています。

革製品を使う醍醐味の一つですね!!

では柿渋染はどのくらいで経年変化するのか??
使い方にもよりますが、半年から1年経過くらいで経年変化が始まる傾向にあります。

ちなみに・・・

2年くらい使うと元の革とは全く異なる経年変化を起こします。

週末(3/15~17)に出店する大阪アートアンド手作りバザールではこのサンプルもお持ちします。

是非ご覧ください。

3/15~17のアートアンド手作りバザールについて詳しくはこちらをクリックください。

イベント参加を記念して、LINE@にご登録いただいてますと、500円引きとさせていただきます。
よろしければ是非ご登録くださいませ。

→登録はこちら(リンク)


カテゴリー

最新記事

ページの先頭へ戻る