革職人の手記

大人の男性に使ってほしい札入れ

2018.8.20

イベント&ニュース , カスタムオーダー事例 , 革職人からのお知らせ

DOUBLEMOON星野です。

西神そごうの展示会が近づいております。
展示会に向けて久しぶりに新作を作りました。

ラウンドファスナー長札入れです。

いつもとラウンドファスナー長財布に比べて随分スリムです。

風琴マチ長札入れと比べても・・・

ほぼ同じくらい。

それもそのはず、15㎜程度の厚みしかありません。

しかも内装は・・・。

風琴マチです。

風琴マチはマチが外側に向いている形状で、

・お札の端が曲がることがない
・マチが大きく開きやすいため、中身が見やすい

といった利点がある作りです。
風琴とはアコーディオンのことで、マチの形がアコーディオンに似ているためつけられた名称です。
(と・・・。何度か説明してましたね(笑))

日本古来の作りで、革の厚みや糊の貼り付け方が特殊なため、あまり見かけない形状です。

以前から、ラウンドファスナー長財布の内装に風琴マチをつけてほしいと依頼はありましたが、なかなか実行できておりませんでした。

というのは、風琴マチにするとカードポケットを取り出しにくいためでした。

現に試作品では、一応カードを入れることはできるのですが、取り出しにくい状態になってしまいました。

(上が修正後、下が修正前です。下のほうが少し小さいのがわかると思います)

そこで、サイズを少し変更して再度制作。

横幅200㎜で作りました。すると、カードを12枚シッカリ収納できる風琴マチ長札入れとなりました。

今回のこだわりは、ラウンドファスナー長財布で厚みを押さえることでした。

これは、催事で販売している際、男性のお客様が、スーツの上着からスッと財布を出してお支払いをされる所作が美しい、と思ったのがきっかけです。

そのため、スーツの上着に入るサイズで作ることを目的としました。

ラウンドファスナー長財布の良い点は、ファスナーがあるためそれ以上膨らまない点です。どうしても2つ折り長札入れだと、カードが増えたりお札が増えるとお財布は膨らんでしまいます。

そうするとスーツも膨らみブサイクな形になりかねません。
ラウンドファスナー長札入れであればファスナーの幅以上膨らむことはないので、スマートな札入れになります。

実は他にも、更にカードを出しやすくした形状や、コインケース付きの風琴マチラウンドファスナー財布も考えております。

近々発表できると思いますのでご期待ください。

で、、実物の発表は、、、まずは8月28日(火)~9月3日(月)のそごう西神店です。

こちらに持参予定です。 お近くの方はぜひ見に来てください。

催事予定)

8月28日~9月3日)そごう西神店
         神戸市西区糀台5-9-4
         時間)10:00~19:30

9月15日~9月17日)アートアンド手作りバザールVol28
         大阪市住之江区南港北2-1-10 大阪南港ATCホール
         時間)10:00~17:00
         ブース)シー01
         http://www.tv-osaka.co.jp/event/makingbazaar/

10月20日~10月23日)川西阪急4F
          兵庫県川西市栄町26-1 
          時間)10:00~19:00

11月21日~11月27日)川西阪急4F
          兵庫県川西市栄町26-1 
          時間)10:00~19:00

お近くの方はぜひお越しくださいませ。


カテゴリー

最新記事

ページの先頭へ戻る