革職人の手記

「コバが劇的に変化させる教室」終了しました

2019.3.1

イベント&ニュース , 教室 , 革職人からのお知らせ

DOUBLEMOON星野です。

本日「コバが劇的に改善する教室」を開催しました。

今回は3名の方にご参加いただきました。

皆様お疲れさまでした!!

いつもと違う道具が並ぶ教室です。

コルク台や各種紙やすり、これらを使ってコバ磨きを徹底的に行います。

といってもはじめの1時間くらいはひたすらおしゃべり。

コバに適した革や、コバ処理の種類、手順などを順番に説明し。。。

ようやく革を使って実践!

まず、パスケースを制作します。

パスケースは3枚の革を合わせただけの単純なもの。ただ、1枚1.5㎜の厚みがあるので最大4.5㎜の厚さになります。

このまま菱目打ちで穴をあけると穴が非常に大きくなり不格好になります。

そこでひと手間かけて、穴を小さくして整った縫い目に仕上げてもらいました!!

いまいちピントが合っていない・・・。

その後、コバ処理

コバ処理のポイントはとにかく丈夫なものに・・・。

工程が進むにつれてどんどんコバが磨かれていきます。

そして遂に完成。

いいかんじでコバが磨かれています。

普段の教室と違いピンポイントで技術をお伝えする講座でした。

次は縫い方講座でも行おうかな・・・。

ご期待ください。


カテゴリー

最新記事

ページの先頭へ戻る